DNA解析センター
これまでに培ってきた生物のゲノム解析のための技術やノウハウを最大限に活用し、農業上有用な作物のゲノム解析や遺伝子のタイピングあるいは遺伝マーカーの開発を行ない、世界的に深刻になっている食糧不足や食の安全などの問題に有効に対処するための方法の開発に貢献します。
図

受託業務内容例

塩基配列解析

全ゲノムショットガン、BAC高精度配列、ESTやcDNA の全長配列などの解析を行います。

植物BACライブラリやcDNAライブラリの作製

各種の植物器官や組織の細胞からの高品質なゲノムBACライブラリやcDNAライブラリを作製します。

バイオインフォマティクスを利用した塩基配列データの分析

高性能コンピューターおよびソフトを用いて、遺伝子予測、類似性検索などの情報解析を行います。

品種識別マーカーの開発

特定の開発品種を保護するために、他品種との識別のためのDNAマーカーおよび検出方法を開発します。

選抜育種マーカーの開発

育種のための選抜用DNAマーカーを開発するため、 マーカー候補の作製、スクリーニング、タイピングを行います。

各種コンサルティング

DNAマーカーの開発、各種ライブラリ作製、塩基配列解析などに関する技術的なご質問やご相談に応じます。


メンバー

   センター長      研究所副所長     田畑哲之       tabata at kazusa.or.jp
特任研究員中島紫 yukarin at kazusa.or.jp
技術員川島久美子
特任技術員南里啓子