ホーム > 解析メニュー > GC-MS基本解析

解析メニュー

GC-MS基本解析

サービス概要

価格:9試料 ¥483,000~
納期:サンプル受領後1ヶ月(目安)
納品物:報告書(Word)・解析結果(Excel)・Rawデータ
標品照合:標品リスト(428種)
対象物質例:核酸塩基・ヌクレオシド・アミノ酸・単糖・糖リン酸・有機酸等

⇒ 必要試料量、試料送付方法はこちらをご参照ください

 

多くの一次代謝物のうち、高極性成分であるアミノ酸、糖、有機酸などを対象として、428種類の化合物データベースとの照合及び全検出ピークを用いた多変量解析を実施致します。

分析装置は高速データ処理プロセッサーと高速スキャンにより高感度な測定が可能なSHIMADZU社製ハイエンドモデルGCMS-QP2010 Ultraを使用致します。

ご依頼頂いた分析の前には必ずキャリブレーションやN-Alkane測定による精度管理、または実試料を用いたテスト測定を実施し、より良いデータをご提供致します。

※ テスト測定の結果は納品データには含まれません

GCMS-QP2010 Ultra(SHIMADZU社製)
GCMS-QP2010 Ultra(SHIMADZU社製)

解析の特徴

ターゲット解析には、代謝物データベースVer.2(SHIMADZU社製)を使用して428種の化合物をターゲット解析致します。

ノンターゲット解析には、AnalyzerPro(SpectralWorks社製)と当研究所が独自開発したソフトウェアFragmentAlignにてピーク検出とアライメントを行い、統計解析処理などに利用しやすいデータとしてご提供致します。

※ 未知ピークの化合物推定は行いません

 

まずはお問い合わせください。様々な問題の解決をお手伝い致します。
⇒ お問い合わせはこちら

Copyright (C) 2015 - current All rights reserved かずさDNA研究所
Top