ホーム > 解析メニュー > LC-MS基本解析

解析メニュー

LC-MS基本解析

サービス概要

価格:1試料 ¥230,000~(試料数に応じた割引あり)
納期:サンプル受領後1ヶ月(目安)
納品物:報告書(Word)・解析結果(Excel)・Rawデータ・PowerGet
標品照合:標品リスト(293種)
対象物質例:ポリフェノール・フラボノイド・アルカロイド・ペプチド等

⇒ 必要試料量、試料送付方法はこちらをご参照ください

 

生体の二次代謝物の中でも中極性化合物(芳香族配糖体、テルペノイド誘導体、アミノ酸誘導体など)を対象として分析致します。植物の場合は5,000種類前後、微生物の場合は1,000種類前後の化合物が検出されます。高速液体クロマトグラフィーと連結した質量分析装置から得られるこれらの全化合物情報を当研究所で独自開発したソフトウェアPowerGetを用いて一斉解析し、メタボローム解析の基盤となる情報をわかりやすくまとめてご報告致します。

LTQ Orbitrap XL(Thermo Fisher Scientific社製)
LTQ Orbitrap XL(Thermo Fisher Scientific社製)

解析の特徴

解析ソフトウェア PowerGet

当研究所で独自開発した解析ソフトウェアPowerGetを用いて分析機器から出力されるデータの解析を行います。本サービスでは、ソフトウェア本体と専用の解析データも納品物として同梱いたしますので、本ソフトウェアを利用して、注目する化合物ピークの精密質量、溶出時間、推定組成式、MS/MSフラグメント、ピーク形状や、同位体イオン、化合物データベース照合結果及び吸収スペクトル等を確認頂き、高度な化合物推定を行うことができます。また、同一化合物に由来するピークの関係性(同位体、多価体、付加体等)を確認することも可能です。

⇒ PowerGetのダウンロードサイトはこちら

また、得られた全化合物情報を利用した多変量解析結果もご報告致しますので、サンプルに特徴的な化合物を発見したり、注目サンプルの特徴付けを行うことも可能です。

 

まずはお問い合わせください。様々な問題の解決をお手伝い致します。
⇒ お問い合わせはこちら

Copyright (C) 2015 - current All rights reserved かずさDNA研究所
Top