バイオリソース普及センター
<< 戻る

VCre/VloxPとSCre/SloxP
新規部位特異的組み換え酵素システム
- ゲノム改変のための新ツール -

VCre/VloxPとSCre/SloxPは:

Information
入手方法
FAQ
よくあるご質問

ゲノム改変技術はゲノム中の特定の遺伝子や領域を人工的に改変するテクノロジーです。ゲノム改変技術を用いることで遺伝子機能を個体レベルで解明することができるだけでなく、疾患モデル動物を作製することが可能になります。

マウスのコンデショナル・ノックアウトを行う場合にはCre/loxPやFlp/FRTの部位特異的組み換えシステムが用いられることが一般的です。Cre/loxPは特定の遺伝子のエクソンを欠損させるために用いられ、Flp/FRTは相同組み換えの陽性マーカーとして用いた薬剤耐性遺伝子カセットを取り除くために使用されています。これまでに、Cre/loxPとFlp/FRTを組み合わせた様々な実験手法が開発されてきました。しかしながら、これらの既存の2種類のシステムだけでは緻密にゲノム機能を制御することには限界がありました。

VCre/VloxPSCre/SloxPは既存の部位特異的組み換えシステムとクロス反応しない新しい部位特異的組み換えシステムです。クロス反応しないため、既存のシステムと同時に使用でき、Cre/loxPで開発された様々な実験手法を組み合わせて用いることが可能となりました。

新規部位特異的組み換え酵素システムを用いることで、これまで作製が難しかった、遺伝子発現を緻密に制御した、エレガントな病態モデル動物を作りだすことが出来るようになりました。アイデア次第で無限の可能性が広がっています。 >> もっと詳しく

Product ID Plasmid name Accession No. Plasmid map Plasmid 配列 価格
SSR00001 pUCNLS-VCre AB618652 PDF TXT \50,000
SST00001 pUC-VloxP - PDF - \25,000
SSR00002 pUCNLS-SCre AB618653 PDF TXT \50,000
SST00002 pUC-SloxM1 - PDF - \25,000

VCre/VloxPとSCre/SloxPを用いたコンデショナルノックアウト用ターゲティングベクター作製受託


<< 戻る